短期アルバイトでバッチリ生計を立てている凄腕ナースの紹介
子ども優先でのナース生活を考えたら短期アルバイトが一番だった

なぜ短期アルバイトを選んだのか?
その答えはとてもシンプルで、正社員だと子どもとの時間が取れなかったためです。主人の仕事も忙しく、余計に私が子どもたちのそばにいないと!と思ったのかもしれません。正社員を辞めた後、私が選んだ仕事は、子どもたちが学校や保育園に行っている時間帯に働ける短期アルバイトでした。なぜ短期にしたかというと、夏休みや冬休み時に職場に「お休みを下さい」と言いたくなかったからです。そう、短期バイトなら夏休みや冬休みには仕事を入れず、専業主婦として過ごせるでしょう?上の子はもう小学生ですが、私が家にいることがとても嬉しいみたいで、いつもニコニコしています。お金では買えない幸せを手に入れた気分です。

経験してきた短期アルバイトは50件以上!経験が次の仕事探しに役立つ

短期のアルバイトでのんびり優雅に生活しているような印象を持たれるかもしれませんね。でも楽してばかりでも無いんですよ!夏休みや冬休みに仕事をしない分、他の月はお金を稼ぐためになかなかハードなスケジュールで働いています。といっても、時間は短めなので正社員よりきつくはないですけどね☆短期アルバイトで一定の給料をもらいながら、空いてる日に単発のバイトをして臨時収入を得るのです。通算で数えると、50件以上のアルバイトを経験してきましたね。訪問入浴やクリニック、病院での看護業務の他、検診業務も行いました。単発のバイトだけではさすがに収入が不安定ですが、短期のバイトと並行して行うことにより、生活費を稼ぐことができるのです。好条件であればあるほど競争率が上がる単発の仕事ですが、私の場合、豊富な経験が後押しとなりかなりの確率で採用してもらっています。もし、将来的に短期バイトや単発の仕事にチャレンジしたいと思われている方がいたら、今のうちに色んな経験を積んでおくといいかもしれませんよ!

魅力的な求人の思わぬ落とし穴

世の中そんなに甘いものではありません。求人票には、残業ナシ!と書いてあっても現実はサービス残業ばっかりだった!とか、時給1,500円からの「から」に期待していたけど、一向に金額が上がらない!なんて話もよく聞きます。そんなトラブルを回避するのはなかなか難しく、面接でしっかりと聞くより他に手はありません。でも、面接でそんな話をするのは抵抗がありますよね。だから自分は派遣会社や求人サイトのコンサルタントに相談し、知りたい情報を聞いてもらうようにしています。派遣会社や求人サイトも利用者の満足度を大切にしたいという想いがあるので、かなり真剣に相談に乗ってくれます。また、前回紹介された仕事を全うしていると、次も良い仕事を紹介してもらえることが多いです。何はともあれ、あとから後悔しなくて済む職場探しをしていきましょうね♪

おすすめ記事ピックアップ

【「高時給」「日払い」など、こだわり条件に合った仕事を探す一番の方法とは?】では希望に合った仕事を探す上で頼りになる求人サイトを紹介しています。中でもイチオシなのが【看護のお仕事】看護師の求人情報サイトなのだそう。求人サイトを使うのにためらっている看護師さんも是非チェックを!

【短期バイト・単発バイトの求人が多いのはこんなお仕事!】では、短期の募集が目立つ仕事にフォーカスを絞ってどんな仕事があるかを詳しく紹介しています。お仕事探しをする際にお役立てください。正社員ではありえないような楽しいお仕事もありますよ!

【売り手市場のナース業界なら転職も怖くない!】では、他の職種と比べ看護師がどれほど転職に強いのかを厚生労働省が発表した数値を元に比較しています。また、有利な転職をさらに優位に進めるために知っておきたい「転職に強い看護師の特徴」についても紹介中です。