短時間勤務制度は利用できる?
短時間勤務制度は利用できる?
育児短時間勤務制度って?

看護師として働く女性は、できるだけ長く仕事を続けたいと思っている方が多いと思います。結婚や出産で一度ブランクがあいても、環境が整えばまた復職したいと考えているナースもたくさんいるのではないでしょうか。
育児短時間勤務制度は、ライフスタイルに変化が起きる女性も長く看護師として勤められる環境をつくるために制定されている制度です。具体的には、小学校入学前のお子さんがいる看護師は、1日6時間の短時間勤務でも常勤として認められるというものです。1日の勤務時間が短くなる分、ボーナスもお給料も少なくはなりますが、常勤と同等の待遇で働けるのが魅力です。個人病院以外のほとんどの病院で使えるはずの制度なのですが・・・。

育児短時間勤務の実態は?

私自身、ママさんナースとして公立病院で短時間勤務制度を利用した経験があるのですが、実際、この制度を利用するにあたっては色々な問題があるなぁと感じました。
私は9:00~15:00の短時間勤務だったのですが病棟勤務で、もっともバタバタ忙しい時間に帰るという日々が続き、特に誰が責めるわけではないのですが、毎日いたたまれない気持ちで過ごしていました。病棟勤務の15:00と言えば、もっとも忙しい時間帯に、申し送りをして引き継いで帰るというのは、とても気がひけることでした。
公立病院なので、こういった制度の利用にも積極的な受け入れ体制があり、利用させてもらえることはありがたいことなのですが、心理的な面では思った以上につらいものがありました。わがままかもしれませんが、ナース仲間に迷惑をかけているような気持ちになったり、戦力外でいるような思いがあったりして、できれば部署移動したいなと思うこともありました。短時間勤務制度は外来など、仕事の切れ目が見えやすい部署の方が利用しやすいと思います。病棟勤務で短時間勤務はあまりおすすめできません・・・。
公立病院でもこのような感じでしたので、こういう制度の利用実績が少ない病院であれば、なおさら肩身の狭い思いをするのではないかなという気がします。

選択肢は人それぞれ

私のように短時間勤務制度を利用するナースもいれば、育児休暇を長めにとって復職するナース、パートに切り替えるナース、一度退職して落ち着いてから再就職するナースなど、出産育児というライフイベントにどう対応するかは人それぞれ違います。勤務している病院によっても、選択肢は変わると思います。出産をあきらめずに長く看護師という仕事を続けるための方法は色々あります。当サイトが、ベストな選択肢を見つけるヒントになれば幸いです。

おすすめ記事ピックアップ

【「高時給」「日払い」など、こだわり条件に合った仕事を探す一番の方法とは?】では希望に合った仕事を探す上で頼りになる求人サイトを紹介しています。中でもイチオシなのが【看護のお仕事】看護師の求人情報サイトなのだそう。求人サイトを使うのにためらっている看護師さんも是非チェックを!

【短期バイト・単発バイトの求人が多いのはこんなお仕事!】では、短期の募集が目立つ仕事にフォーカスを絞ってどんな仕事があるかを詳しく紹介しています。お仕事探しをする際にお役立てください。正社員ではありえないような楽しいお仕事もありますよ!

【売り手市場のナース業界なら転職も怖くない!】では、他の職種と比べ看護師がどれほど転職に強いのかを厚生労働省が発表した数値を元に比較しています。また、有利な転職をさらに優位に進めるために知っておきたい「転職に強い看護師の特徴」についても紹介中です。